テレワークとオフィスワーク、評価に有利不利はある?
  • #コロナ後の働き方
  • #テレワーク
  • #テレワークスタイル
  • #テレワークの働き方
  • #リモートワーク
テレワークとオフィスワーク、評価に有利不利はある?
日本でも、テレワークという働き方が徐々に広がりを見せてきた昨今。とくに、ここ2年のコロナ禍においては、出勤そのものがリスクを負う可能性もあってテレワークは大きく普及していったといえるでしょう。ですが、国内の新型コロナウィルスの流行が落ち着きを見せるなかで「オフィスワークに戻していきたい」との意向を示す企業も出てきているといいます。そうなってくると、気になるのはオフィスワーカーとテレワーカーの評価の差。オフィスワーカーのほうが直接働く姿を見せることができるため、テレワーカーよりも高い評価を受けてしまうのでは……といった心配も出てくるかもしれません。そこで、今回はテレワークとオフィスワーク、それぞれの働き方で評価の有利・不利があるのかについてアンケート調査を行ってみました。
記事を読む

テレワーク・リモートワーク総合研究所「テレリモ総研」は、株式会社LASSICが実施する「テレワーク・リモートワーク・在宅勤務に関する統計・市場調査」の結果を元に、場所に依存しない働き方のトレンドを続々と発信するメディアです。

テレリモ総研が発信する記事は、全て「無断転載OK」です。

記事の最後に記載したご利用条件を満たしていただければ、どなたでもご自由に転載いただくことができます。

また、調査結果のデータもメディア運営の会社様に限り無料で提供いたします。

お気軽にお問い合わせください。

最新の調査内容

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務の実態調査 2021年臨時調査版

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務の実態調査 2021年臨時調査版

株式会社LASSICが行ったテレワーク・リモートワーク・在宅勤務の2021年臨時調査レポートです。コロナ禍が続くなか、ワクチン接種による状況の好転に期待が高まっています。ワクチン接種について、また、ワクチン接種後(コロナ終息後)の働き方について緊急調査を実施。ワクチン接種後はオフィスワークとテレワークどちらを希望する割合が多いのでしょうか?ワクチン接種とテレワークの相関性について市場調査データをまとめました。

対象地域
日本全国
サンプル数
1035件
調査実施日
2021年8月30日〜8月31日

調査結果のレポートをメディア運営の会社様に限り、無料でご提供いたします。

ご利用にはいくつかの条件がございますので、詳しくはお問い合わせください。

過去の調査内容

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務の実態調査 2020年版

テレワーク・リモートワーク・在宅勤務の実態調査 2020年版

株式会社LASSICが行ったテレワーク・リモートワーク・在宅勤務の実態調査レポートです。コロナ禍によって急激に増加したテレワーク人口。これまでの「育児や家庭の事情により、仕事内容や量に制約のある在宅勤務」といったテレワークの印象を大きく覆し、ホワイトカラーを中心に一気に働き方としての市民権を得た感があります。では、テレワーク・リモートワーク・在宅勤務は働きやすいのか!?良い点、悪い点、困っている点、満足している点など実際にテレワークで働く人の声を聞いて市場調査データとしてまとめました。

対象地域
日本全国
サンプル数
1077件
調査実施日
2020年9月1日〜9月4日

調査結果のレポートをメディア運営の会社様に限り、無料でご提供いたします。

ご利用にはいくつかの条件がございますので、詳しくはお問い合わせください。